不妊症・更年期障害・めまい・耳鳴り・腰痛・神経痛・アトピー・にきび・不眠・不安感・イライラ・便秘・ダイエット・健康維持

託麻薬房 - 不妊症・更年期障害・めまい・耳鳴り・腰痛・神経痛・アトピー・にきび・不眠・不安感・イライラ・便秘・ダイエット・健康維持

健康に不安のある方、お悩みをお聞かせ下さい。TEL:096-380-2070 メールでのお問い合わせはこちら 営業時間9:00~19:00 日曜定休日

漢方Q&A

漢方薬の予算はどのくらいですか?
症状や程度によって異なります。
エキス細粒12包(4日分)は1,200円〜1,400円、30包(10日分)は、2,000円〜4,000円。
丸薬を、お勧めする事もあります。
子宝相談の場合は、1ヶ月2万円前後です。
もっとかかる方もいらっしゃいます。ご主人も服用していただく場合は、1ヶ月2万円前後です。
漢方薬は健康保険が使えますか?
当店は薬店ですので、調剤は致しておりません。よって健康保険は使えません。
漢方薬は医薬品ですので、医療費控除対象となります。
確定申告の時期まで、当店発行の領収書を保存しておいてください。
漢方薬に副作用はないか?
植物の草根木皮、動物などが漢方薬の材料です。お客様に合った処方を選べば、症状は改善し、 副作用もほとんど有りません。但し体質などにより、ある人にとってはどうもなくても、 生薬の為に胃に負担がかかる場合、便がゆるくなる場合などがあります。
漢方薬は長い間飲まないと効果ないか?
お困りの症状や体質によって異なります。
風邪は、早目に症状に合った漢方薬を服用すれば、半日から一日で治ります。
慢性化した症状では、長く(1ヶ月〜1年)服用して頂く場合があります。
生活習慣の見直しで症状の改善が早くなることもあります。
病院から出ている薬と漢方薬を併用しても良いか?
基本的に、漢方薬と西洋薬(化学合成薬)を併用してもかまいません。
しかし、胃への負担がかからないよう、時間をあけて服用してもらうこともあります。
病院から出ているお薬、診断名等はお聞かせください。
子供(小児)に漢方薬をのませて良いか?
症状にもよりますが、まず小児科を受診してください。(受診勧奨)
なお、慢性の症状や、体質によるご相談はお受けできます。
皮膚病・体質的にお困りの親御さんは、お気軽にご相談ください。
漢方薬を小児に服用してもらう場合、エキス細粒、成人(15才以上)1回1包のところを15才未満7才以上1回2/3包、7才未満4才以上1/2包、4才未満2才以上1/3包、2才未満1/4包というように服用してもらいます。味は飲みやすいシロップではないので、細粒をお湯に溶かして、ハチミツを加えるなどして頂くと良いかもしれません。
妊娠中に漢方薬はのんでも良いですか?
妊娠中のお薬は、赤ちゃんに影響するので、控えた方がいいでしょう。
妊娠中のひどいつわり、風邪、冷え、むくみなど症状に合わせて漢方薬を服用することは可能です。
漢方薬の構成生薬の一つである大黄や麻黄など、妊婦さんは避けた方がいいものがあります。
まずはご相談ください。
風邪や発熱など急性の症状にも効くのでしょうか?
もちろん効きます。風邪の場合、症状に合う漢方薬を選べば、半日から一日位で治ります。
急に発熱した場合も効き目の良いお薬があります。
お薬をかわないかもしれませんが相談しても大丈夫ですか?
どうぞご相談ください。現在は相談料は頂いておりません。
Copyright 託麻薬房 All Rights Reserved.